ポケットWi-Fiの料金、速度、機種を様々な点から比較していきます。今一番のオススメのWiFiを貴方に。

2019年6月WiMAXのおすすめプロバイダ選び完全版!

2019.04.01

wimax_provider

WiMAXを選ぶのに、何処から(店舗・インターネット)購入したら良いかわからない人多いと思います。

WiMAXの適切なプロバイダ選びは、購入者の希望(キャッシュバックが欲しいのか・月額料金が安いのがいいのか等)によって変わってきます。

このページを読んで頂ければ、どのプロバイダが貴方にとって一番ベストな選択か導き出すことができます。

なお、WiMAXの回線自体はUQ WiMAXの回線を使用しています。

直接UQ WiMAXと契約をしてもいいのですが、UQ WiMAXと契約すると月額料金が高かったり、高額キャッシュバックが受け取れないというデメリットがあります。

実際に一番お得なWiMAXのプロバイダとUQ WiMAXを比較した場合最大で4万円以上の損をしてしまう事になります。

そのため、WiMAXの契約先のプロバイダについては、慎重に選んでいただきたいです。

WiMAXのプロバイダを選ぶ前に!必ず読んでね!

プロバイダ選びは慎重に!?間違った情報に騙されないで!

WiMAXを販売している業者は20社以上あります。

その中から契約するWiMAXのプロバイダを1社選ぶのですが、業者選びを失敗すると通常より高い月額料金のプロバイダと契約してしまった何てこともあります。

WiMAXの契約期間は数年前まで2年契約が主流でしたが、今では3年契約が当たり前になっています。契約期間の縛りが気になる人は「無制限のポケットWiFi・WiMAXのレンタルおすすめ10社比較」をご覧ください。

契約期間中の途中解約の場合は9,500円~24,800円前後の解約違約金を取られてしまうため、プロバイダ選びは慎重に行ってください。
※解約違約金(契約解除料)については、プロバイダによって変わってきますので、契約先プロバイダにご確認ください。

なぜプロバイダ選びが必要かというと、UQ WiMAXと直接契約すると月額料金が高く、キャッシュバックも少ないからです。
UQ WiMAXはWiMAXの取り仕切ってる会社でもありますので、サポートという面では絶対の信頼をおけますので、サービス内容に不安がある人はUQ WiMAXとの契約も有りです。

WiMAXのデメリットを知っておこう!

wimax_demerit
WiMAXの業界を10年以上見てきましたが、2018年のWiMAXは自信をもっておすすめできます。

しかし、WiMAXにはデメリットもありますので、キチンと理解した上で購入してください。

1.使えるエリアが狭い

WiMAXは携帯電話の4G エリアと違い、使えるエリアが狭いです。

電波塔を増やして対応していますが、都市部以外の地域では使えなかったということが多々見受けられます。

どんなに高性能で使い放題のWiMAXでも、電波が入らなかったら意味がありません。

事前にUQ WiMAXにてエリア判定ができます。

WiMAXの使用予定地域で電波が入るか確認してから契約することをおすすめします。

WiMAXエリア判定はこちらから

2.月間無制限で使い放題?でも速度制限は有った!

WiMAXのギガ放題プランは、月間無制限が売りの商品となっておりますが、実は速度制限(通信制限)があります

直近の3日間で10GB以上のデータ通信を行うと混雑時間帯(夜6時~朝2時までの時間帯)のみですが、速度制限が実施されます。

速度制限中は、動画の視聴など読み込みに時間がかかってしまいます。

無制限で使い放題とい思って、たくさん使うと思わぬ落とし穴がありますので注意してください。

3日で10GBの速度制限を説明しないでWiMAXを販売する営業マンが居ますので注意してください。実際に某量販店にて声をかけられて話を聞いたときも無制限に使えますと言い、お客様に誤解を与える説明をしてる人も居ますので注意してください。

3.オンラインゲームには不向き!

オンラインゲームというと、iPhoneのアプリからパソコンのPUBG、フォートナイトといった、たくさんのゲームを想像できますね。

注意していただきたいのが、PCで利用するPUBGといったFPSのゲームや、家庭用ゲーム機(任天堂Switch・PS4)等でのWiMAXを繋いでの利用はおすすめできません。

例えば、任天堂スイッチのスプラトゥーン2というゲームでWiMAXを利用できるか?と聞かれればプレイすること自体は可能ですが、ラグが発生して相手に迷惑をかける可能性が高いのでWiMAXでの利用はおすすめしていません。

ネット上の記事で問題なくプレイできたと記載してる人も居ますが、WiMAXは電波を拾って無線(WiFi)で利用するため、どうしても電波の強弱が発生し通信が安定しません。

たくさんプレイすればわかりますが、間違いなくラグは発生しますので、WiMAXでの家庭用ゲーム機等、対戦型のオンラインゲームの利用には不向きです。

どうしてもスプラトゥーン2などの対戦型オンラインゲームをプレイしたい人は、WiMAXよりも月額料金は高くなりますが光回線を自宅に引いてプレイするのが間違いありません
他のプレイヤーに迷惑をかけるという点でも、WiMAXの利用は避けるべきです。

WiMAXの契約するプロバイダを選んでみよう!

WiMAXのプロバイダ選びでは、購入者様が何を重視するかで変わってきます。

特に注意して選んでいただきたいのが・・・

  • 月額料金が安い
  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 契約期間は2年?3年?
  • スマートバリューmine対応か!?(auスマホが割引になる※auユーザー限定特典)

本当に必要なのはどれか、よく考えて購入してください。

絶対に譲れない!業界最安値GMOとくとくBB


GMOとくとくBBは高額キャッシュバックのプランが人気を集めていますが、今一番コスパが良いのは月額料金が安いプランです。

初月は2,170円の日割りとなっており、1~2ヶ月目は月額2,170円、3~36ヶ月目は3,480円と格安でWiMAXが利用できます。

3年間支払う額をカシモWiMAXと比較してみると、

  3年間の総支払額
カシモWiMAX 130,368円
GMOとくとくBB WiMAX 122,660円

上記のとおり、カシモWiMAXよりGMOとくとくBBの方が安いです。

2年契約ならカシモWiMAXですが、最新端末を使うことを考えるのであればGMOとくとくBBが最安値で利用できます。

さらに、2019年2月限定で5000円キャッシュバックも行っております。

最安値なのに、キャッシュバックまで貰えるGMOとくとくBBはおすすめです。

GMOとくとくBBのメリット

  • 月額料金が安い(2ヶ月間2,170円、3ヶ月目以降3,480円)
  • 20日以内であればキャンセルOK
  • 最短即日発送(平日15時半、土日祝日14時まで)
  • 本体端末代金無料
  • 5000円キャッシュバック
  • auスマートバリューmine対応
  • ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)無料

GMOとくとくBBのデメリット

  • クレジットカードのみ対応(口座振替不可)
  • キャッシュバックを受け取り損ねるともらえない。
  • 問い合わせの電話が込んでる場合が多い
GMOとくとくBBの月額料金が安いプランはWiMAXのプロバイダの中でも最安値となっており間違いなくおすすめできます。注意していただきたいのが、キャッシュバックの受け取り忘れです。キャッシュバック申請用のメールは契約した月から11ヵ月後にGMOの基本メールアドレスに届きます。必要事項を記入して返信すれば翌月末に指定口座にキャッシュバックが振り込まれます。
こんな方におすすめ!
一番お得にWiMAXを契約したい!(キャッシュバック有り・月額料金安い)
工事不要のWiFi欲しい
申し込んだら直ぐ使いたい(最短即日発送)
最新端末が欲しい(W06,WX05等無料)

2019年4月は月額料金が安い+5000円キャッシュバック!

安心と信頼のサポート!月額料金が安定して安い!So-net WiMAX

So-net WiMAXの2019年2月のキャンペーン内容は3年間月額料金が3,620円と安くWiMAXを使うことができます。

GMOとくとくBBと比較してしまうとイマイチなキャンペーンに思えますが、3,620円でWiMAXのギガ放題プランが使えるのは安いです。

3年間の総支払額を比較してみると

  3年間の総支払額
カシモWiMAX 130,368円
GMOとくとくBB WiMAX 122,660円
So-net WiMAX 130,320円

上記のとおり、GMOよりは高いですが、カシモWiMAXより少しだけ安く利用できます。

しかもSo-net WiMAXでは、2年10ヵ月後に無料で機種変更ができるキャンペーンも行っておりますので、常に最新機種が持てるのは嬉しいですね!

So-net WiMAXのメリット

  • 3年間月額料金が安い
  • au 4G LTEオプション無料
  • 本体端末代金無料
  • サポートが充実(問合わせの返信も早い)
  • WiMAXのため工事不要

So-net WiMAXのデメリット

  • GMOとくとくBBの方が安い
  • クレードルが必要な場合別途3,686円の費用が発生
  • 最短翌日発送(他社は即日発送が多い)
au 4G LTEのオプションが無料で使えます。このオプションはWiMAXの電波が入らない地域でもau 4G LTEの電波を利用してインターネットに接続することができます。素晴らしい機能ですが、注意点としてau 4G LTEを利用した月は、月7GB制限になってしまいます。たくさんWiMAXを使う予定の人は、au 4G LTEは7GBで通信制限になるため利用しないほうがいいです。
こんな方におすすめ!
途中(2年10ヶ月目)で新機種を無料で貰える
毎月同じ料金が良い(3年間 月額3,620円)
最高のサポートを受けたい

WiMAXを最安値で使うならレンタルも考えよう!「縛りなしWiFi」


WiMAXのレンタルの中でも「縛りなしWiFi」は初期費用がかからず、月額料金のみで利用できる事から大人気です。

しかも、月額料金は3,300円と格安で利用できます

これからの時代はプロバイダと契約してWiMAXを申し込むのではなく、レンタルして使わなくなったら解約すればOKです。

デメリットは「端末を落下・水没・紛失」した場合は、端末はレンタルのため端末弁済金(39,800円)を支払わないといけません。
※壊してしまうかもと言う人は安心サポートに加入すれば壊しても1万円の弁済金ですみます。

モバイルルーターを壊してしまったときのリスクはありますが、月額料金は本当に安いです。

最安値といわれているGMOとくとくBBとの比較です。

  3年間の総支払額
GMOとくとくBB WiMAX 122,660円
縛りなしWiFi 106,800円

こちらも見てのとおり圧倒的に縛りなしWiFiの方が安く使えます。
さらに、レンタルWiFiのためいつ解約しても大丈夫です。契約解除料や違約金等取られませんので安心して辞められます

業界1安い無制限WiFi「縛りなしWiFi」はおすすめです。

当サイト経由でもかなりの人がレンタルをしています。初期費用0円、解約金0円の縛りなしWiFiは月額料金3,300円とおすすめです!!

POINT
2019年になってからポケットWiFiのレンタルが大人気です。縛りなしWiFi以外にも1日からの短期レンタルができる業者など掲載していますのでぜひご覧ください。
無制限のポケットWiFi・WiMAXのレンタルおすすめ10社比較http://pocketwifi-hikaku.biz/wifi-rental/

WiMAXのプロバイダー選びのまとめ

WiMAXはポケットWiFiの中でコスパが一番優れています。

auやsoftbank、docomoといった携帯電話会社でも似たようなポケットWiFiは販売されていますが圧倒的にWiMAXの方がお得です。

比較するまでもないのですが、料金・月間データ容量(WiMAXは無制限)・高額キャッシュバック、どれをとってもWiMAXが勝っています。

但し、契約先のプロバイダー選びには十分注意してください。

何度も何度も記載をしていますが、WiMAXは契約先次第で、受ける待遇が変わってきます。

高額キャッシュバックなのか、月額料金が安いのか、それともサポートが充実しているのか。

こればっかりは契約先のプロバイダーで違いますので、自分が一番必要としているのは何かを考えて契約してください。

WiMAXは携帯電話と同様長期契約です。

途中解約の場合は違約金を取られてしまいますので、契約は慎重に行ってください。

関連記事