ポケットWi-Fiの料金、速度、機種を様々な点から比較していきます。今一番のオススメのWiFiを貴方に。

格安SIMとポケットwifiどちらがお得?【併用は可能なの】

2017.01.06

simcard

格安SIMやポケットwifi,WiMAXの購入を考えている人多いと思いますが、それがあなたに合った一番良いプランか一度見直してみませんか。

先ずは、それぞれのメリット・デメリット等を紹介していきます。

格安SIMについて

格安SIMは、月額数百円で利用する事が可能です。

スマホの端末に購入したSIMを挿入することによってインターネットの使用が可能になります。

低価格の為、大手携帯電話会社(softbank・au・docomo)から乗り換える(MNP)する人も増えてきています。

格安SIMのデメリット

  • キャリアメールが使えない(LINEも登録時にキャリアメールを使用する為利用不可)
    ※LINEは、格安SIM契約時にSMSオプションを追加すれば利用可能
  • ドコモのスマホを格安SIMに変更した場合ソフトウェア更新が利用できない場合がある
  • 電話が使えない(契約内容による)
  • 契約時はクレジットカード払いが必須なMVNO業者が多い
  • SIMフリーの端末が必要になる(docomoの回線を利用してるSIMカードであればdocomoの端末は利用可能です。)

実は格安SIMといっても上記に挙げたようにデメリットはたくさん出てきます。
特に電話が使えないは、困る人も多いですよね。

かといって、電話番号付きで契約すると月額料金が高くなります。
そうするとせっかくの格安SIMなのに、安くない!となる場合があります。

格安SIMのメリット

  • 料金が安い(月額500円~等)
  • 2年縛り等の契約期間の縛りが殆んどない
  • 通信容量にあわせてプランが選べる(例:あまり使わないのであれば月額1GBプラン等)
  • 通話SIMまたは、SMSオプションを選択すれば、LINEを使う事が出来る

なお、格安SIMでもテザリングを使用すれば、WiFiを飛ばすことが出来ます。
テザリングを使用することによって、外出時ノートパソコンをインターネットに繋ぐ事も可能です。

格安SIMは、2台目(サブ)として運用するには凄い良いと思います。

ポケットwifiについて

ポケットwifiでは、格安SIMと比較すると料金は少し高いですが、WiMAXよりは安く利用が可能です。

ポケットwifiのデメリット

  • 格安SIMと同様、電話が使えない
    ※格安SIMの場合、通話SIMを選択すれば利用可能
  • 格安SIMと比較すると月額料金が少し高い(ポケットwifiは月額2,743円)
  • 2〜3年縛りの契約が多数

ポケットwifiのメリット

  • 地下鉄(都内)から、喫茶店まで、何処に居てもインターネットが楽しめる
  • WiMAXと違い月額料金が手軽に使える(月額2,480円)
  • ポケットwifi1台で最大10台まで同時に利用できる(例:iPhoneとAndroidの2台持ちでもポケットwifi一台でOK)
  • wifi対応端末なら利用可能なので、ノートパソコンからスマホ、任天堂3DS等、様々な端末で利用ができる
  • 電波が入るエリアが広い

ポケットwifiの一番の魅力は月7GB迄であれば、月額2,480円(yahoo wifi)でご利用が可能です。

家計を圧迫せずにモバイルWi-Fi端末を持てるというのは助かりますね。

ポケットwifiはこんな方におすすめ
月5GB〜7GBの利用をしたい。
出張先でノートPCを使用したい。

月に7GB以上ご利用の方はWiMAXをおすすめしています。

WiMAXについて

モバイルwifi端末の中で高速データ通信が沢山できるのがWiMAXです。

現在は、3日で3GBの速度制限がありますが、2017年2月2日より3日で10GBの制限に変更されます。
詳しくは、「WiMAXが3日で10GBの実質使い放題に!」をご覧ください。

ポケットwifiと比較すると月額1,500円前後高くなりますが、高速+実質無制限の為、申し込みする人も多いです。

WiMAXのデメリット

  • ポケットwifi同様電話ができない
  • 2年縛りの為、一度契約すると途中解約では違約金が発生する
  • 月額料金が高額

WiMAXのメリット

  • 速度制限が3日で3GBと高速通信が長時間行える。
  • 高額キャッシュバックキャンペーンが豊富
  • 最大440Mbpsの高速通信が可能
  • クレードルセットで購入すれば有線LANポートも付いている為、デスクトップPCにも使用が可能(新機種WX03のみ)

WiMAXは、月額料金が高くても良いからインターネットを沢山使いたい。
WiFiを使用してPS4やWii U等家庭用ゲーム機に繋ぎたいという人におすすめです。
※PS4のゲームに使用すると遅延等のラグが発生しますが、プレイできないことはありません。

結局どこから購入したら良いの?

格安SIM、ポケットwifi、WiMAXと何処から購入したら良いか悩んでる人も多いとおもいます。
月々のデータ通信の量で決めるのが一番良いです。

データ通信が月に3GB未満の人

インターネットはウェブサイトを見たり、アプリで少し遊ぶくらいという人は格安SIMで十分です。
格安SIMを購入する方は、iPhoneまたはAndroidの端末が必須です。
※スマホセットも購入できますが、月額料金が少し高くなります。

格安SIMを購入する際、沢山の業者があると思いますが、おすすめは「DMM mobile」か「楽天モバイル」です。

楽天モバイルは、認知度と優良企業の為、サポートも徹底しています。

しかし、SIMのみの購入でも本人確認が必須というのが難点です。

DMM mobileであれば、SIMだけの購入には本人確認が必要ありません。

その為、本人確認の手続きが面倒と言う人はDMM mobileを契約することをおすすめします。

DMM mobileと楽天モバイルの月額料金

  月額料金 高速データ通信量
DMM mobile 850円 月3GB迄
楽天モバイル 900円 月3.1GB迄

データ通信が月に7GB未満の人

ちょっとしたデータのやり取りや、外出先でノートPCを使用する程度であればポケットwifiがおすすめです。

特にYahoo wifiであれば1年間月額1,980円、それ以降は2,480円と業界最安値の料金設定となっており、格安SIMと比較しても料金が少し安めです。

但し、契約期間が3年間となっており、3年以内の解約は違約金が発生します。

また、7GBを超過した場合速度が128Kbpsまで遅くなります。
制限の解除は可能ですがベット料金が必要となります。

  月額料金 高速データ通信量
Yahoo wifi 1,980円 2年目以降は2,480円 7GB

データ通信7GB以上使用したい人

動画も見たい!ゲームもしたい!家のパソコンに繋ぎたい!

上記の方におすすめは、WiMAXです。

WiMAXは3日で3GBという速度制限がありますが、制限が発生しても1Mbps程度の速度は保証されています。

なお、2017年2月2日より3日で10GBの制限に緩和されるため、今まで以上にネットを沢山使うことができます。

オンデマンドで動画を見る機会も増えてきましたが、WiMAXであれば動画視聴も問題なく可能です。

WiMAXでおすすめは、GMOとくとくBBとなっております。

GMOとくとくBBでは、高額キャッシュバックプランと、月額料金割安プランの2つのプランを用意しております。

キャッシュバックを沢山受け取りたい方はキャッシュバックプラン、月額料金を安くしたい人は割安プランを選択してください。
※キャッシュバックの受け取りは契約後約1年かかります。

  月額料金 高速データ通信量 キャッシュバック
GMOとくとくBB
高額キャッシュバック
3,609円
3ヶ月目〜4,263円
3日で3GB 最大33,000円
GMOとくとくBB
割安プラン
2,699円
3ヶ月目〜3,363円
3日で3GB 無し

関連記事