ポケットWi-Fiの料金、速度、機種を様々な点から比較していきます。今一番のオススメのWiFiを貴方に。

2019年版おすすめ無制限ポケットWiFi!何も知らずに購入は危険!

2019.05.01

museigen-wifi

無制限のポケットwifiについて、ネット上では嘘の記事が本当のように書かれているので注意が必要です。
ポケットWi-Fiは2年~3年契約と長期契約のため、1度契約してしまうと解約するのが難しいです。契約する際は慎重に行いましょう。

このページでは特に

  • 無制限のポケットwifiを探している
  • 月額料金を安くして使いたい
  • 契約先がたくさんあって、どこから契約したら良いの?

上記の3点を重点的におすすめのポケットWi-Fiを紹介します。

持ち運びのできるWiFiルーターですが、プロバイダ選びを失敗すると高額な請求が来ますので注意してくださいね。

そもそも「ポケットWiFi」とは?

ポケットWiFiは正確に言えば、ワイモバイル社のサービス名となっていますが、

一般的には、「pocket wifi=持ち運びのできるWiFiルーター」という認識になっております。

そのため、このページでも家でも外でも、持ち運びのできるルーターをポケットWiFiとして表記していきます。

ポケットWi-Fiは契約プロバイダによって「月額料金」「契約年数」「速度制限」等、かなり違ってきますので注意が必要です。

POINT
ポケットWiFiがあれば、ノートパソコンやiPhone、スマホと言った電子機器に、家の中でも外でもWi-Fi接続することが可能です。

無制限のポケットWiFiって有るの?無いの?

2019年に販売されているポケットWi-Fiの中で、無制限に使えるポケットWiFiは1社のみです。

それは「どんなときもWiFi」というポケットWiFiです。

どんなときもWiFiは、データ容量無制限でインターネットが使い放題です。

WiMAXのギガ放題プランのような3日で10GBといった速度制限もありませんので、制限なしで利用が可能です。

オンデマンドでドラマを見てたら速度制限になって困ったという人も多いようですが、その心配もありません!

詳しくは「完全無制限!「どんなときもWiFi」の評判やメリット・デメリット【レビューあり】」をご覧ください。

どんなときもWiFi以外に完全無制限のポケットWi-Fiは存在しませんので注意してください。ソフトバンクの回線を利用している「STAR WiFi」においては完全無制限と記載してるホームページもありますが、使いすぎるとSTAR WiFiの回線元のソフトバンク側から速度制限をかけられてしまい、128Kbps以下と言うWiMAXの速度制限時(1Mbps)よりも遅いです。

携帯電話会社(au・docomo・softbank)からの購入は?

docomoとsoftbankについては、そもそも無制限プランがありません。

ソフトバンクのポケットwifiは月7GBプランが主流となっており、docomoのポケットwifiは月30GBプランが用意されていますが月額8,000円と高額の料金設定です。

何か特別な理由が無い限り、この2社からの購入はおすすめできません。

なお、auの携帯電話会社では、上記で説明してる通りの実質無制限のポケットwifiは販売されています

しかし、auのポケットwifiはWiMAXと全く同じサービスです。

利用可能エリアや速度、本体端末(モバイルルーター)全て一緒ですが、月額料金だけauのポケットwifiの方が高額となっており、auからの購入もおすすめできません。

安いWiMAXで有名なGMOとくとくBBと比較するとわかりますが、月額料金が1000円も違います。

月額料金 3年間総支払額
au 4,380円 157,680円
GMOとくとくBB WiMAX
(割安プラン)
2,170円
3ヶ月目以降は3,480円
122,660円

※「auのポケットWiFi」及び「GMOとくとくBB WiMAX」は、どちらも月間無制限に使えます。速度制限は直近の3日間で10GBを超えると、夜6時から翌朝の2時まで1Mbps迄速度が遅くなります。

POINT
携帯電話会社から、持ち運びWi-Fiの提案をされたりもしますが、月額料金が高いので、ポケットWiFiを購入する際は携帯電話会社以外からの購入をおすすめします。

ワイモバイル・WiMAXどちらから購入したら良いの?


実質無制限のポケットwifiは大きく分けて

  • ワイモバイルのポケットWiFi
  • WiMAX

上記の2つに分けることができます。
ワイモバイルとWiMAXでどう違うか表で見ていきましょう。

エリア 月間データ容量
ワイモバイル Softbank4G,4G LTEエリア 無制限(3日で10GBまで)
WiMAX WiMAX2+エリア 無制限(3日で10GBまで)

見ての通り、ワイモバイルはソフトバンクの4G及び4G LTEエリアの利用が可能です。
それと比較してWiMAXは、WiMAX2+というエリアで通信が可能です。

都市部で比較するとどちらも問題なく使えますと、都市から離れた場合、ワイモバイルの方が電波状況が良いケースが多いです。

WiMAXよりもワイモバイルから契約したら良いの?

ワイモバイル及びワイモバイルのポケットWiFiを扱っているYahoo WiFiからの購入はおすすめしていません。

理由として、無制限のポケットwifiの場合、ワイモバイルは月額料金が4,380円と高いです。

それと比較してWiMAXは安いプロバイダーから契約すれば3,380円の月額料金で利用が可能です。

月々1,000円も違うのであれば安い方から購入するのは当然だと思います。

但し、WiMAXの電波が入らない可能性のあるエリアでは、ワイモバイルのポケットWiFiの購入を検討しても良いですね。

POINT
どうしても、電波が入るか気になる人は、購入前にUQ WiMAXの無料レンタルサービスを利用するのもひとつの手です。
UQ WiMAX Try WiMAXレンタルページへ

無制限に使えるポケットwifi(WiMAX)が最安で買えるのはGMOとくとくBB WiMAXの割安プラン

月間データ容量が無制限に使えて安いWiFiといえばWiMAXです。

WiMAXのプロバイダで安いと言われているのが、

  • GMOとくとくBB
  • カシモWiMAX
  • Broad WiMAX
  • So-net WiMAX

上記の4社が有名ですが、この中でGMOとくとくBBが圧倒的にお得です。

プロバイダ名 月額料金 3年間合計 セールスポイント
GMOとくとくBB 2,170円
~3,480円
122,660円 キャッシュバック5,000円付き
カシモWiMAX 1,380円
~4,079円
130,368円 なし
Broad WiMAX 2,726円
~4,011円
128,626円 乗り換え時の違約金負担
So-net WiMAX 3,620円 130,320円 2年10ヶ月目以降は無料で機種変更可

ネット上で1000円台で使えるカシモWiMAXが人気出ていますが、3年間の合計費用を見ればカシモはそんなに安くはないです。

無制限でポケットWi-Fiを使えるプロバイダを料金順で見れば、1番安いのが「GMOとくとくBB」次に「Broad WiMAX」その次に「So-net WiMAX」なっております。

POINT
ポケットWi-FiやWiMAXを選ぶ時は、必ず契約期間が3年なら3年間の合計額を調べましょう!1ヶ月目だけ安くしておいて、月額1000円台でWiFiが持てる!?と勘違いさせる業者もいますので注意してください!


GMOとくとくBBは高額キャッシュバックのプランが有名ですが、実は月額料金が安い割安プランもあります。

キャッシュバックの受け取り忘れが増えているため、当サイト(ポケットWiFi比較)では、月額料金が安い割安プランをおすすめしております。

GMOとくとくBBの割安プランは、

  • 初月 月額2,170円の日割
  • 1ヶ月目~2ヶ月目 2,170円
  • 3ヶ月目~36ヶ月目 3,480円
  • 3年間合計額122,660円

となっており、業界最安値で月間無制限のWi-Fiが利用できます。

しかもGMOとくとくBBでは、最新端末を取り扱っており、「W06」「WX05」「HOME L02」「HOME 01」の中から、お好きなWi-Fiルーターが無料で貰えます

最新端末が最安値の料金で使えるので、GMOとくとくBBの割安プランは一番おすすめできます。

月額料金が安い意外に「GMOとくとくBB WiMAX(割安プラン)」のメリットとして

  • ギガ放題プラン(月間無制限に使える)
  • au 4G LTE無料
  • 機種代金無料
  • 送料無料
  • 最短即日発送(平日15:30,土日祝日14:00迄)
  • auスマートバリュー適用可能
  • 20日以内キャンセルOK
  • 5,000円キャッシュバック

となっており、他社と比較した場合に圧倒的に安く、サービスも充実しています。

GMOとくとくBBのデメリットは2つだけです。

  • クレジットカード払いのみ
  • サポートの電話がつながりづらい

ポケットWiFiの契約は基本的にクレジットカード払いが多いです。どうしても口座振替が良いという人は、月額料金が少し高くなってしまいますが「口座振替対応のポケットWiFi・WiMAXのおすすめ!~月額料金を比較~」をご覧ください。

なお、サポートの電話がつながりづらいという状況は、GMOとくとくBBが人気過ぎるためお問い合わせの電話が殺到しているためです。

電話はつながりづらいですが、待てば必ずサポートに繋がります。サポートの応対品質も高いです。
※昔は電話対応が悪かったようですが、最近は電話サポートの教育にも力を入れているため、感じの良い受け答えをしてくれる人が多いです。

POINT
月間無制限に使えるポケットWi-Fiの中で料金が一番安く使えるのがGMOとくとくBBの割安プランです。3年契約となっていますので、必ず3年間で解約をしてくださいね!4年目からは月額料金が高くなります。

GMOとくとくBBなら最初の2ヶ月間2,170円の3ヶ月目以降も3,480円と格安で月間無制限のWi-Fiが利用できます!

また、GMOとくとくBBには、高額キャッシュバックプランも有ります。

料金体系などは、

月額料金 3,609円 ※3ヶ月目から4,263円
高速データ通信 月間無制限 ※3日で10GB迄
キャッシュバック 最大37,100円
お支払い方法 クレジットカードのみ
※口座振替は非対応
おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT W06,
Speed Wi-Fi NEXT WX05,
Speed Wi-Fi NEXT W05,
WiMAX HOME 02

上記のとおりなっており、月額料金が「割安プラン」と比較すると高いですが、その分キャッシュバックがたくさん貰えます。

キャッシュバックの受け取り忘れに注意が必要ですが、申請を出来ると言う人は、GMOとくとくBBの高額キャッシュバックプランもおすすめです。
※最大37,100円のキャッシュバックをもらうにはW05を申し込まないといけません。

GMOとくとくBB高額キャッシュバックプランはこちらから

データ容量無制限!通信制限を気にせず使える「どんなときもWiFi」


どんなときもWiFiは月額3,480円と格安でポケットワイファイが利用できます。

注目すべき点は、データ容量無制限の使い放題です。

今まで販売されていた「Y!mobile」「WiMAX」に関しては、無制限といっても3日で10GBや1日3GBと言った速度制限が設けられていましたが「どんなときもWiFi」は速度制限がありません

公式サイトには「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信」をした場合は、384Kbpsの速度制限にすると記載はありますが、4月にサポートに確認したところ「1TBを利用しても速度制限にかかってない」という回答をいただいております

今後は速度制限が厳しくなるのかは不明ですが、現時点で販売されているポケットWi-Fiの中で一番データ容量を使えるWiFiとなっております。

さらに、どんなときもWiFiはクラウドSIMを利用しているため日本国内及び海外にてご利用いただけます。

国内の場合は、「au」「docomo」「SoftBank」といった携帯電話会社3社の4G/LTE回線を利用できるため、ワイモバイルよりもWiMAXよりも幅広いエリアで接続が可能です。

クラウドSIMのため、海外でも電源を入れればスグに利用可能です。

月額料金(初月) 3,480円の日割り
月額料金(1~24ヶ月目) 3,480円/月
月額料金(25ヶ月目以降) 3,980円/月
契約事務手数料 3,000円 ※初回のみ

どんなときもWiFiは2年契約となっており、初めの2年間は月額料金が3,480円と安く利用ができておすすめです。2年以内の解約は契約解除料が発生しますので注意してください。

データ容量無制限で使えるWiFiはどんなときもWiFiだけ!

契約期間が無し!ポケットWiFiのレンタルなら「縛り無しWi-Fi」


2年契約・3年契約といった長期契約に縛られて、途中解約がしづらい状況は困ります。

最近話題を集めているのがポケットWi-Fiのレンタルです。

ポケットWiFiのレンタルは契約期間の縛りがなく、月額料金も安く利用する事ができます。

「縛り無しWi-Fi」では、月間無制限に利用できて月額料金3,300円と格安で利用できて、13ヶ月目以降は月額2,800円と驚異的な安さです。
※月間無制限ですが、3日で10GBまたは1日3GBの制限があります。

しかも、契約事務手数料といった初期費用が一切かかりません。無料です!

他に縛りなしWi-Fiのメリットとして

  • 当日発送可能
  • 送料無料
  • 複数台、法人契約可能
  • 契約期間の縛りなし・解約違約金なし
  • 月のデータ容量は無制限

ポケットWiFiのプロバイダと比較しても対等に戦えるサービス内容となっております。

レンタルWi-Fiのデメリットとしては、解約後端末はレンタル品のため返却をしないといけません。

その手間さえ問題なければレンタルWi-Fiは安く利用できるのでおすすめとなっております。

POINT
端末は選ぶ事ができませんが、電波状況によって「WiMAX」「SoftBank」の選択は可能です。WiMAXの場合速度制限が3日で10GB、SoftBankの場合1日3GBとなっております。

レンタルWiFiを安く利用したい人におすすめです。縛りなしWiFiは契約期間の縛りもありません。

3年間月額料金が安い!大手だから安心!So-net WiMAX


So-net WiMAXは3年間ずっと月額料金3,620円です。

GMOとくとくBBのようなキャッシュバックキャンペーンは行われていませんが、長期間安くポケットWiFiを使えるのはメリットのひとつです。

他にも、2年10ヶ月利用すると無料(WX05は2000円)で機種変更ができます。

月額料金が安くて、無料で新しいモバイルルーターにアップグレードできるSo-net WiMAXはおすすめです。

もちろんWiMAXの回線を使用しているため、「月間の速度制限は無し」の3日で10GBの制限だけです。

解約時の違約金も1年以内の場合19,000円、2年以内の場合14,000円、3年以内の場合は9,500円と他社のポケットWiFiと比較すると全体的に安いです。

運営元は「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」のため、サポートも充実しております。

途中でつぶれる心配もありませんね!

So-net WiMAXのメリット

  • 月額料金が安い(3,620円)
  • 3年契約
  • 端末が無料
  • 2年10ヵ月後機種変更無料!
  • ギガ放題だからネット使い放題 ※混雑回避のため3日で10GBの速度制限有り
月額料金 3,620円
高速データ通信 月間無制限 ※3日で10GB迄
契約期間 3年間
キャッシュバック なし
お支払い方法 クレジットカードのみ
※口座振替は非対応
おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT WX05,W06
WiMAX HOME 01

3年間月額3,620円で使えるのはSo-net WiMAX!!

無制限が本当に必要? 月20GB迄ならネクストモバイルが激安!


無制限といえばWiMAXになりますが、やはり月額料金が高いのがネックですね。

そこで、月20GBという制限はあるけど、ポケットWi-Fiでおすすめできるのがネクストモバイルです。

ネクストモバイルは、ソフトバンクのLTE回線を利用しており、繋がりやすいWiFiとなっております。

なお、契約できるプランは20GB、30GB、50GBと3つのプランが用意してありますが、一番おすすめは20GBプランです。

それ以外のプランの場合、WiMAXを契約したほうが安くなりますので、注意してくださいね。

20GBのプランは月額2,760円と格安でポケットWiFiが使えます。

ネットが無制限に使えるとまではいきませんが、月20GB以内であれば使い放題です。

20GBを超えて速度制限になると128Kbpsまで速度が落ちてしまいますので注意してください。

ネクストモバイルのメリット

  • ポケットWiFiの中で一番安い(2,760円)
  • 契約期間は2年(自動更新)
  • 月20GB迄なら使い放題(3日間の制限は無し)
  • 端末が無料
  • ソフトバンク回線だから使えるエリアがWiMAXよりも広い

ソフトバンク回線は、建物の中や地下に強いです。地下鉄に乗っているときにWiMAXだと電波が届かないエリアでもソフトバンクの電波が届くことはよく有ります

月額料金 2,760円
高速データ通信 月20GB迄
契約期間 2年間
キャッシュバック 無し
お支払い方法 クレジットカード
おすすめ端末 FS030W
POINT
支払いはクレジットカードとなっておりますが、30GBプランだけ口座振替も可能です。そのため口座振替で支払いを希望の人は30GBプランを選んでください。

ポケットWiFiで2019年一番おすすめできます。月額料金2,760円、月20GB、ソフトバンク回線!!

ポケットWiFi無制限のまとめ

最近では、ポケットWi-Fiのレンタルが流行っています。

レンタルの場合、端末は借りるため、利用が終わったら返却しないといけませんが、契約期間の縛りがなく気軽に契約できて、気軽に解約する事ができます

当サイト(ポケットWiFi比較)でもオススメしているのが「縛りなしWiFi」です。

こちらのレンタルWi-Fiは、月間無制限が月額3,300円で利用できます。13ヶ月目以降は月額2,800円と当然ながら業界最安値で利用ができます。

縛りなしWiFiのメリットとして「初期費用0円」「契約事務手数料0円」「端末代0円(レンタルのため)」「解約金(契約解除料)0円」余計な費用がかかりません。

国内のポケットWi-Fiでいえば、2019年は「縛りなしWiFi」が一番流行るのではないかと思っております。

レンタルが嫌という人にはプロバイダ(とくとくBBやSo-netWiMAX)からの契約をオススメします。

料金を極限まで安くしたいのであれば、GMOとくとくBB 割安プラン
キャッシュバックを沢山欲しければ、GMOとくとくBB WiMAX 高額キャッシュバックプラン。

この2つを抑えておけば購入後失敗したという可能性は低くなります。

但し、殆どのキャンペーンが新規限定となっております。

例えば一度GMOとくとくBB WiMAXを契約した人は、今回のキャッシュバックキャンペーンは受け取ることができませんので注意が必要です。

その場合は、GMOとくとくBBの次にお得なSo-net WiMAXを契約するのがおすすめとなっております。

ポケットWiFiを購入する際は、正しい知識をもって、自分にあったプロバイダから購入するようにしましょうね。

WiFiの契約期間は2年から3年となっておりますので、契約してからこんな筈じゃなかったというのは避けましょう!

関連記事