ポケットWi-Fiの料金、速度、機種を様々な点から比較していきます。今一番のオススメのWiFiを貴方に。

【2019年版】自宅にWiFiを引こう!無制限でおすすめはこれ!

2019.02.13

jitaku_wifi_osusume

自宅にWiFiを設置する事で、スマホの通信制限の悩みから解消されたり、家族でWiFiを共有したり、ゲームに使用したりと利用方法はたくさんあります。

自宅のWiFiを上手く運用すれば、月々の通信料が安くなる事もあります

そのため、Wi-Fiと難しそうと思って諦めずに、キチンと理解して、お得に使いましょう!

このページでは、自宅にWiFiを引くにはどうしたらいいかを解説しています。

自宅にWiFi環境を作る3つの方法

自宅でインターネットを使うには大きく分けて3つの方法があります。

  • 光回線を引く
  • ホームルーター(SoftBank Air or WiMAX)を設置する
  • ポケットWiFiを契約

となっており、どれが良いかを選ぶ前に、一つずつメリット・デメリットを見ていきましょう!

1.光回線を引く


自宅に光回線を引く事で家の中をWiFiスポットにする事ができます。

例えばフレッツ光を契約すれば、自宅にWiFi付のモデムをレンタルすることができるためフレッツ光を引けばWiFiでのインターネット接続+有線LANでのネット接続が可能になります。

光回線を引くメリットについて

光回線を自宅に引く事で、安定した高速通信が可能です。

WiFiでも優先でも兎に角速いです。

実験でiPhoneXSで速度を調べましたら「下り500Mbps」「上り200Mbps」も出ていて衝撃を受けました
※同条件でWiMAXを計測したら下り50Mbpsでした。

速度にこだわるのであれば間違いなく光回線を引いたほうが良いです。

また、光回線は通信制限が一切ありません。好きなときに好きなだけインターネットが使い放題です。

POINT
任天堂スイッチのスプラトゥーン2やPS4のフォートナイト等をプレイされる方は光回線を使用してプレイする事を推奨しています。理由としては光回線以外の場合は速度が遅くラグや遅延などが発生しやすいからです。

光回線を引くデメリットについて

実はデメリットもたくさんあります。

  • 料金が高い
  • 開通工事が2週間~1ヶ月前後かかる

他の方法と比較して月額料金が高いです。

さらに、開通工事までの期間が長く、工事が終わるまではネットを使うことができません。

開通工事で困る点は立会いが必要になります。仕事が忙しく家に居ない人等、業者とのタイミングが合わず開通が遅れるというのはよくある話です。

光回線はどの方法よりも高速通信が可能でおすすめはできるのですが、開通工事が一番のデメリットとなっております。

POINT
開通工事が終わらないとネットが使えないため不便です。そのためネットが使えない期間だけポケットWiFiをレンタルして利用する人も多いです。

2.ホームルーター(SoftBank Air or WiMAX)を設置する


自宅にWiFiといえば、電源に挿すだけで使えるホームルーターが人気です。

ホームルーターのメリットについて

ホームルーターのメリットとして

  • 工事不要
  • 届いたら直ぐ使える
  • 難しい設定は一切無し

一番のメリットは工事不要の届いたら直ぐ使えることです。

光回線では、開通工事を待たなければネットに接続する事はできませんでしたが、ホームルーター(SoftBank Air or WiMAX)を利用する場合は開通工事はありません

申し込み後、ルーターが手元に届いたら電源を挿せばWiFiを使えるようになります

ホームルーターの仕組みを簡単に説明しますと、例えばSoftBank Airのホームルーターでしたら電源を挿したら自動でSoftBank 4Gの電波をホームルーターが拾ってくれます

それをWiFiで飛ばしてスマホやノートPC等に接続できるようにしています

便利な世の中になりましたよね!

ホームルーターのデメリットについて

ホームルーターのでデメリットとして

  • 電波が不安定な時がある
  • 速度制限になる場合がある
  • FPS等のゲームには不向き

光回線と違い電波を受信してWiFiに飛ばすため、速度が安定しないときがあります。

そのためスプラトゥーンやフォートナイトと言ったネット対戦型アクションゲームでは、ラグや遅延が発生する可能性があるためおすすめできません。

また、SoftBank Airの場合は短期間に大容量、WiMAXの場合は3日で10GBを超えると速度制限になります。

光回線と比較するとホームルーターは速度制限があるというのはかなりのデメリットです。

POINT
家の中にホームルーターを置くため電波が弱くなる可能性も十分あります。エリアによっては全然使えないんだけどという事もありますので気をつけてください。

3.ポケットWiFiを契約

ポケットWiFiのメリット

  • 持ち運び可能なWiFiルーター
  • 開通工事不要で直ぐ使える
  • 届いたら直ぐ使える
  • 月額料金が安い

ポケットWiFiは持ち運びが可能なモバイルルーターです。

スタバやカフェでノートPCにWiFiを飛ばすのもポケットWiFiがあれば可能です。

ホームルーターと同じく開通工事が不要のため端末が手元に届いたら直ぐに使うことができます。

光回線と比較すると月額料金が安いです。プロバイダによっては月20GBが月額2,760円だったり、月間無制限が3,300円で利用できたりします

POINT
ポケットWiFiは自宅のWiFi代わりに使用する事もできますし、旅行や出張時にも役に立ちます。光回線やホームルーターと比較すると持ち運びできる点が最大の特徴です。

ポケットWiFiのデメリット

  • 無制限と記載があるのに通信制限がある
  • クレジットカード以外の支払い方法が殆どない
  • 回線が安定しないためオンラインゲームには不向き

ポケットWiFiの一番のデメリットは「無制限」と記載があるのに通信制限があることです。

WiMAXのギガ放題プランの場合、月間無制限となっていますが、3日間で10GB利用すると速度制限になります。
※直近3日間で10GB以下になれば解除されます。

光回線は使い放題なのに、ポケットWiFiは速度制限があるのがつらいところです。

なお、ポケットWi-Fiの支払いはクレジットカード払いが主流です。

一部では口座振替もやっていますが、安く使えるプロバイダはクレジットカード払いが必須になります。

また、ポケットWiFiを利用しての「スプラトゥーン」や「フォートナイト」等の対戦型アクションのオンラインゲームはおすすめしておりません。

理由としては、ラグや遅延が発生しやすくなっており、酷い場合は接続が切れることもあります。

対戦相手に迷惑をかけてしまう事からも、ポケットWiFiでのプレイは避けるぺきです。

POINT
ポケットWiFiは光回線と比較してしまうと、速度・電波の安定性・通信制限とデメリットは多いです。持ち運び可能なので外に持ち運びができるのは大きなメリットです。

ポケットWiFiは2019年になってから「完全無制限」のWiFiが出てきたりと注目を集めています。
詳しくは、2019年版おすすめ無制限ポケットWiFi!何も知らずに購入は危険!をご覧ください。

自宅のWiFiに利用するにはどれがおすすめ?

WiFiの利用方法でおすすめする契約先が変わってきます。

ネットをたくさん使う!オンラインゲームもいっぱいしたい!


この場合は、光回線をおすすめしています。

理由としては、光回線は通信制限が一切ありません。インターネットが使いたい放題です。

しかも他のホームルーターやポケットWiFiよりも確実に速度が速いです!

デメリットにも記載していますが、光回線は申し込みから開通まで2週間から1ヶ月と時間がかかります。

なお、当サイト(ポケットWiFi比較)では、光回線を詳しく記載していないため、姉妹サイトの回線Boy「【2019年最新版】キャッシュバックが多い光回線のおすすめは?」をご覧ください。
光回線のキャッシュバックが多く貰えるところから月額料金が安いプロバイダまで掲載されています。

開通までWiFi環境が必要という人はポケットWiFiのレンタルを検討してみてください。

ポケットWiFi・WiMAXのレンタルおすすめ10社比較:http://pocketwifi-hikaku.biz/wifi-rental/

ネットをそこそこ使う、映画やオンデマンドを視聴する


この場合は、ホームルーター(SoftBank Air)をおすすめしています。

SoftBank Airのホームルーターは通信制限がなく、オンデマンドの視聴等に最適です。

速度が遅いという口コミもありますが、SoftBank Airの速度については事前にSoftBankの公式ホームページにてご確認いただけます。

ホームルーターは配線を特に気にせず、自宅に置いて電源を挿すだけなので誰でも簡単に利用できます。

オシャレなデザインとなっているため、インテリアとしても活躍します。

モバレコAir(SoftBank Air)ならキャッシュバック貰える!?


モバレコエアーはSoftBank Airのアライアンスモデルとなっており、簡単に説明するとソフトバンクエアーとサービス内容はまったく同じで、月額料金・キャッシュバック額が違うだけです。

当然ながらソフトバンクの「おうち割 光セット」も適用可能です。

モバレコAirは2年契約の1~2ヶ月目 月額1,970円、3ヶ月目以降 3,344円と安く利用する事ができます。

しかもキャッシュバックが28,000円貰えるためかなりお得です。

キャッシュバックの受け取れる時期も端末受け取りの8日後の翌月末です。申し込み時期によっては翌月、時期によっては翌々月末に受け取りができます。

WiMAXの高額キャッシュバックで有名なGMOとくとくBBの1年後キャッシュバックよりも短い期間で貰えるのでうれしいですね!

もちろんモバレコAirのホームルーターは電源に挿すだけで直ぐにWiFi接続が可能になります。

開通工事は一切ありませんので、自宅でWiFiを使いたいという人にはモバレコAirはおすすめです。

また、回線に不安という人も8日以内であれば無料キャンセルが可能です!

月額1,970円~3,344円でホームルーターが使えるモバレコAirは28,000円のキャッシュバックも貰えて超お得です!

家でも外でもWiFiを使いたい!


外に持ち運ぶ前提で考えるとポケットWiFiがおすすめです。

光回線は当然ですが、持ち運ぶ事は不可能です。SoftBank Airのホームルーターであれば、頑張れば持ち運ぶ事はできますが、実は契約上持ち運びをしてはいけないとなっています。

そのため家でも外でもWiFi(インターネット)を使いたいという人にはポケットWi-Fiが一番おすすめとなります。

20GB迄の高速通信なら「ネクストモバイル」


ネクストモバイルなら月20GB迄の高速通信が月額2,760円と格安で利用できます。

契約期間も2年間となっており、最近多い3年契約よりは1年間短く、早めに解約できるのが特徴です。

なお、契約期間の縛りが嫌だなという人は「縛りなしWiFi」をご覧ください。
※縛りなしWiFiはレンタルWiFiとなっており、利用期間が終了したら端末を返却しないといけません。

さらにネクストモバイルはSoftBankの4G回線を利用しているためエリアが広く高速通信が可能となっております。

POINT
ネクストモバイルは月額料金も安く契約期間も短く契約しやすいポケットWiFiとなっております。ソフトバンク回線なので電波も安心です。

月20GBが月額2,760円!SIMフリーのFS030Wの本体代はキャンペーン中のため無料!

20GB以上をご利用になる予定の人は「2019年版おすすめ無制限ポケットWiFi!何も知らずに購入は危険!」をご覧ください。
月間無制限のWiFiを多数紹介しております。

自宅にWiFiを引こう!のまとめ

自宅に利用するWiFiで「コレがおすすめ」というのはありません。

このページでも記載していますが、「どれだけ使うか」「どのように使いたいか」「どこで使うか」によって光回線が良いのか、モバイルルーターが良いのか、ポケットWiFiが良いのかケースバイケースです。

自宅にWiFiを引きたいと思ったら「どのように使うか」まずは自分で想像してからプロバイダ探しをした方が良いです。

とりあえずWiFiを繋ぎたい、まずは試してみたいという人には「縛りなしWiFi」をおすすめしております。

縛りなしWiFiは月額3,300円で契約期間の縛りがないレンタルWiFiとなっております。

月々の負担も光回線やホームルーターよりも安く済みますので、どれにしようか悩んでる人は縛りなしWiFiをレンタルして一度試してみるのも良いですね!

当サイト経由でもかなりの人がレンタルをしています。初期費用0円、解約金0円の縛りなしWiFiは月額料金3,300円とおすすめです!!

関連記事