ポケットWi-Fiの料金、速度、機種を様々な点から比較していきます。今一番のオススメのWiFiを貴方に。

光回線とポケットWiFiを比較!どっちがおすすめかプロが徹底解説

2019.02.20

hikari_pocketwifi

私の仕事柄「光回線とポケットWiFiどっちがいいの?」という質問はよくされますが、

一言ではどちらが良いか言うことはできません

何故ならどちらもメリット・デメリットがあり、人によっては「光回線がおすすめ」ですが、違う人の場合には「ポケットWiFiがおすすめ」だったりもします。

このページでは光回線及びポケットWiFiのメリット・デメリットを考えて、貴方にあった一番おすすめの方法を探しましょう

光回線のメリット・デメリットについて


光回線も速度が速いだけが全てではありません。他にもメリットが沢山あったり、デメリットもあります。
契約前には必ず確認しておきましょう!

光回線のメリットについて

  • 速度が速い
  • ネットが使い放題
  • 通信が安定している
  • スマホのセット割がある
  • 光TVが見れる(オプション)
  • 光電話が使える(オプション)

1.速度が速い

光回線は驚くほど速度が速いです。

現在、職場で利用しているソフトバンク光の速度を計ってみましたが、「下り520Mbps」「上り200Mbps」と何するにも不自由ない速度がでています。

アップロードも200Mbpsと画像や動画の投稿も時間がかからずすみます。

2.ネットが使い放題

インターネットが使い放題です。

ポケットWiFiのような3日で10GB、1日3GBといった制限は一切ありません。

好きなときに好きなだけ使える、それが光回線です。

契約内容にもよりますが、基本的にどれだけつかっても料金はかわりません。

3.通信が安定している

光回線は光ファイバーケーブルによって自宅までネットの線が来ており、通信が安定しております。

携帯電話やポケットWiFiの場合は、電波拾って利用する為、屋内になるとどうしても通信が不安定になる場合が多いです。

それと比較すると、光回線の安定感はすごいです。

但し、近くで工事等やっている場合は、たまに回線が切断される場合がありますが、基本的には安定しています。

4.スマホのセット割がある

光回線の一部業者では、スマホとのセット割がありますのでお得に使うことができます。

SoftBankユーザーでしたら「ソフトバンク光」「NURO光」を契約することにより、ソフトバンクスマホのデータプランが毎月500円or1000円引きになります。

ドコモユーザーでしたら「ドコモ光」がセット割を受けることができます。毎月500円から最大で3,200円の割引を受けられます。

auユーザーでしたら「au光」「eo光」等々がおすすめとなっており、毎月934円~最大2,000円の割引が受けられます。

このように、光回線の業者を携帯電話とのセット割に対応している回線業者を選ぶことで、毎月のスマホ代を安くすることができます。

5.光TVが見れる(オプション)

テレビがアンテナを立てなくても、見ることが可能です。
※一部光回線では不可

ポケットWiFiではテレビを見ることができないため、光回線を引いた方がメリットではありますね。

但し、光TVは毎月1,000円~2,500円程度の料金が発生しますので、お財布と相談して契約した方が良いです。

6.光電話が使える(オプション)

月額料金500円を追加することで光電話が使えるようになります。

光電話といってもIP電話と違う為、119や110にもかけることは可能です。

電話番号もIP電話のような050とは違い、固定電話と変わらない電話番号になります。

番号を一個持っておけば固定電話があるという信用にもつながります

POINT
光回線は月額料金が高い分メリットが多いです。一番のメリットは「速度が速く、回線が安定」していることです。特に仕事で使う人やゲームのオンライン対戦で利用する人には光回線はかかせません。

光回線のデメリットについて

当然のことながら光回線にもデメリットはあります。

  • 月額料金が高い
  • 契約期間の縛りがある
  • 持ち運びができない
  • 開通まで時間がかかる

1.月額料金が高い

契約先によって変わってきますが、月額4,000円から5,000円の料金がかかります。

ポケットWiFiは3,000円台が多いのでそれと比較してしまうと光回線は高いです。

毎月支払いなので、できる限り料金は安く抑えたいですよね。

2.契約期間の縛りがある

2年契約の縛りがあります。

契約期間中に解約してしまうと高額な違約金が請求されることもあります。

違約金は契約する業者によってい違いますが、全体的に高いので、要注意です。

3.持ち運びができない

光回線のため、当然ながら自宅でしか利用はできません。

カフェ等でノートPCをいじってる人を見ると、ポケットWiFiが欲しくなったりします。

4.開通まで時間がかかる

光回線のデメリットで一番大きいのが「開通まで時間がかかる」事ですね。

新規で回線を引くには「開通工事」が必要になります。

開通工事は申込みをしてから2週間から1ヶ月前後となっており、申し込んでスグにインターネットを使うことができません

また開通工事には立会いが必要の為、時間を空けておかないといけないというのも面倒ですね。

POINT
光回線はデメリットもありますが、安定した高速通信が使い放題という他に替えが効かないメリットです。デメリットを良く考えて光回線を契約するか検討してくださいね!

ポケットWiFiのメリット・デメリットについて

ポケットWiFiのメリット

  • 持ち運びが可能
  • 開通工事不要でスグに使える
  • 料金が安い

1.持ち運びが可能

ポケットWiFiは外に持ち運ぶ事が可能です。

カフェでパソコンを使ったり、移動中に動画を見たり、出張や旅行中に使ったりと、使用方法は沢山あります。

モバイルルーターは小さめのサイズが多くなっており、持ち運ぶ時にも邪魔になりません。

2.開通工事不要でスグに使える

端末が届いたその日から使い始めることができます。

ポケットWiFiのプロバイダにもよりますが、即日発送の業者も多く、早い時間に申し込めば翌日端末が届く事も可能です。

なお、当サイト(ポケットWiFi比較)ではおすすめしていませんが、電気屋や量販店にてポケットWiFiを契約すればその日から使うことも可能です。

量販店等での購入をおすすめしていない理由としては、ネットで契約するよりも月額料金が高いからです。

3.料金が安い

光回線と比較すると、ポケットWiFiの方が圧倒的に料金は安いです。

  • ネクストモバイル 月20GB迄 2,760円
  • So-net WiMAX 月間無制限 3,620円
  • 縛りなしWiFi(レンタル) 3,300円(13ヶ月目以降2,800円)

上記のように安いWiFiの業者が多いです。

安いWiFiについて詳しくは下記ページをご覧ください。
http://pocketwifi-hikaku.biz/kakuyasu-wifi/

POINT
ポケットWiFiは月額料金が安い為、スマホのパケットが足りない分をポケットWiFiで補うという人も多いです。月額料金を抑えてネットを沢山使いたいという人におすすめです。

ポケットWiFiのデメリットについて

  • 通信が不安定
  • クレジットカード払いが普通
  • 契約期間の縛りがある

1.通信が不安定

ポケットWiFiは電波を拾ってWiFiで飛ばす為、光回線と比較すると圧倒的に電波が不安定です。

特に、対戦型のオンラインゲームには不向きとなっており、プレイ自体は可能ですが「スプラトゥーン2」「フォートナイト」「apex legends」等のゲームではポケットWiFiを利用してのプレイはおすすめしておりません

2.クレジットカード払いが普通

ポケットWiFiはクレジットカード払いが主流です。

口座振替のプロバイダーもありますが、クレジットカード払いよりもトータルで支払う金額が多くなったりします。

クレジットーカード払いの方が優遇されています。

3.契約期間の縛りがある

2年もしくは、3年と言った長期契約になります。

途中で解約する場合は契約解除料(違約金)が発生しますので注意が必要です。

契約解除料については、契約先によってかわりますが9,500円~38,800円を目安にしてください。

なお、契約期間の縛りが嫌という人が増えており、最近ではレンタルWi-Fiがブームになってきています。

レンタルWiFiなら契約期間の縛りがなくいつでも解約することができます。月額料金も安く2019年はレンタルが一押しです。

レンタルWiFiについて詳しくは下記をご覧ください
無制限のポケットWiFi・WiMAXのレンタルおすすめ10社比較:http://pocketwifi-hikaku.biz/wifi-rental/

POINT
ポケットWiFiは光回線よりも長い3年契約といった長期契約が主流になってきています。3年間ずっと必要かといわれると契約するか悩んでしまいますね。

光回線とポケットWiFiを徹底比較

ROUOND1 速度について

当サイト(ポケットWiFi比較)の作業部屋での計測になりますが、

下りの速度(実測値) 上りの速度(実測値)
光回線 500Mbps 200Mbps
ポケットWiFi 50Mbps 10Mbps

上記の通り圧倒的に光回線の方が速度が速かったです。

ROUND2 料金について

料金については、契約先によって変動はありますが、

月額料金
光回線 約3800円~5,600円
ポケットWiFi 約2,760~3,620円

見ての通り、ポケットWiFiの方が光回線よりも月々にかかるコストは安くすみます。
但し、携帯電話とのセット割を適用した場合光回線のほうが安くなるという可能性もあります。

ROUND FINAL! 利用開始までの日数

これは結果を見ないでもわかると思いますが、

開通までの日数
光回線 2週間~1ヶ月前後
ポケットWiFi 端末届き次第

となっており、ポケットWiFiは端末が届き次第インターネットの利用が可能になりますが、光回線は申し込んでから2週間から1ヶ月前後の日数がかかります

結論「光回線」と「ポケットWiFi」どちらを契約すべき?

下記に当てはまる方は光回線がおすすめとなります。

  • 月額料金が高くても大丈夫
  • 自宅で安定した高速通信のインターネットが使いたい
  • 開通まで日数がかかっても待てる

という人であれば、光回線の方がおすすめできます。
ポケットWiFiと光を比べてしまうと圧倒的に光回線のほうが速度も速く安定しています。

ポケットWiFiでも1Gbpsの端末が発売されていますが、あの速度は理論値であり、家の中ですとポケットWiFiは良くて50Mbps前後となりますので、光回線のほうが実測値は10倍以上速いです。

それ以外の方にはポケットWiFiがおすすめとなります。

ポケットWiFiは種類も多く悩むと思いますが、契約期間なしで使いたい人にはレンタルWiFiがおすすめとなっております。
無制限のポケットWiFi・WiMAXのレンタルおすすめ10社比較

レンタルは抵抗あるという人、端末を自分の物にしたい人はプロバイダとの契約がおすすめです。プロバイダとの契約のメリットはキャッシュバックがもらえたり月額料金が安かったりします。
2019年版おすすめ無制限ポケットWiFi!何も知らずに購入は危険!

関連記事